fc2ブログ

ジュンママ一家のお気楽生活

ダウン症の娘のゆっくり成長記録と、ママ&家族のお気楽生活記録

眠ってほしい時に・・・(効いてるかな) 

昼間、外出せずにウチにいると、ジュンちゃんの運動量が少ないせいか、
昼寝がすんなりいく時と、なかなか寝てくれない時があります。

そんな時のために、癒しになりそうなCDを買ってみました ↓

[ 2008/12/14 01:49 ] ジュンのこと | TB(0) | CM(0)

ワタシも一緒にやりたいの!! 

日記を書くのが1ヶ月も空いてしまいました(^^ゞ

ジュンちゃんの心臓の術後の経過もすこぶる良い状態なので、11月中旬から
療育を再開しました。

今は、週2~3のペースで、肢体不自由児向けのデイサービスに母子通園中です。


さて、最近のジュンちゃんは、カラダをたくさん動かしても呼吸などへの負担が少なく
なってきたのか、本当によく動き回ります。
[ 2008/12/13 01:29 ] ジュンのこと | TB(0) | CM(0)

ちっちゃ~いキャベツです 

ベランダの菜園プランターに植えたミニキャベツが、ようやく収穫期になりました。

ミニキャベツなので、10株の苗を植えましたが、1株はハズレだったようで、
成長がとても遅く、いまだに葉が丸く育ってくれてません・・・・・。

でもその他のキャベツは、なんとか「無農薬キャベツ」として頑張って育ってくれました。

そう。 無農薬だったのが、本当に美味しいと分かったヤツが先にいて、
いつの間にか、アオムシが30匹以上、全部の株に棲みついていました。

マンションの5階でも、ちょうちょは飛んできます。
美味しそうな葉っぱを見て、どんどん産みつけてくれたんですね・・・・。

「アオムシを育てて成虫に帰してあげたい♪」・・・・なんてことは、いつもなら
考えるのですが、あまりの大集団に、”ムッ!!”としながら全部取り除いて
しまいました。

指と箸で1匹ずつ捕まえるのは、本当に大変。
葉っぱの裏側や、葉の根元に隠れている輩が多いので、同系色で
目立たない彼らを探し出すのに苦労しました。


今日収穫した1つが コレ 
ミニキャベツ初収穫

ホントに 手のひらサイズ です。

今日食べようと思ってたのですが、台所でこのキャベツくんを眺めながら
食事の支度をしていたら、本人をすっかり出し忘れてしまいました (^^ゞ

なので、明日の夕飯まで、冷蔵庫でヒンヤリしてもらいます。



・・・・・あんなにたくさんいたアオムシ達のお母さんは、どんな姿のチョウだったんだろう?


 ← ブログランキングに参加してます♪
[ 2008/11/13 01:12 ] ベランダ菜園 | TB(0) | CM(0)

コーガ君ありがとう・・・・・ 

うちに初めてきたペット、カブトムシのコーガ君が、今日の午前中に
天国へ旅立ちました。


静かに、でも穏やかに旅立ったような気がします。
(ママの勝手な解釈かもしれませんが・・・)


今日の朝は、ほんの少しは動けていましたが、餌の傍に置いても、感覚が
なくなっていたようで、餌をまたぐ様なおかしな動きを見せていたので、
とっても気になって、ちょこちょことカゴの中を覗いていました・・・・。

でも、午前中にママが用事で外出してしまい、お昼少し前に帰宅して急いで
カゴを覗いた時には、土の上でじーっとしたまま、そっと手に持ってみても
まったく動きませんでした・・・・。



うちにやってきたのはちょうど3ヶ月前。8月のとても暑い時でした。

本人がどう間違ったのか、茨城の某ガソリンスタンドの明かりに寄っていき、
足をケガして動きが鈍くなっていたところをスタンドのおじさんに保護され
そして、うちの兄ちゃんにもらわれてきた・・・という、ちょっとかわいそうな
人生でした。


左後ろ脚の神経がダメになってしまったのか、足先の関節が動かなかった
コーガ君ですが、おうちのカゴの中で、毎日のんびりと過ごしてきました。

もらってきた当の兄ちゃんは、最初の数日だけお世話しましたが、そのうち
全く手を出さなくなり、その後はママが毎日コーガ君に話しかけながら
お世話を続けてきました。


足がケガしてなければ、夏の暑い時期に森に逃がしてあげればよかった
のかもしれない・・・・・。

そんなことを考える日も多いママでしたが、お嫁さんを呼べないままに
おうちでの往生となりました。
おうちでの監禁生活になってしまった以上、せめてコーガ君の子孫を残して
あげたい、と思ってたのも願いは叶いませんでした・・・・。


・・・・これだけ寒い季節になっても頑張って生きてきてくれたのは、まあまあ
長生きだったのかなぁ。
部屋の中は外よりは全然温かいから、過ごしやすかったかな・・・と思って
ましたが。



でも、死んでしまった姿を見ると、やっぱり悲しい。



たとえ昆虫であっても、3ヶ月も一緒に過ごしていれば、しっかり情が移って
しまいました (T_T)


・・・コーガ君の好きな餌の味は、イチゴ。その次はメロンでした。
バナナ味は、本当に好きじゃなかったようで、あげてもほとんど食べずでした。

カブトムシでも味の好みがあるんだな~、と感心させられました。


夜遅く、みんなが寝静まった頃に、新しい餌をあげながら、霧吹きでカゴの中を
たっぷり湿らせてあげると、餌の傍へいそいそとやってくる姿はとっても可愛い
ものでした。




・・・・・・・・コーガ君の亡骸は、どこに埋葬しようか考え中です。


生まれ育ったはずのスタンドの近くの森に連れていってあげようかな・・・・とも
考えてます。



短い間でしたが、共に過ごしてきたペット、いや家族の一員・コーガ君に
「どうもありがとう」


 ← ブログランキングに参加してます♪
[ 2008/11/08 23:31 ] ペット?のこと | TB(0) | CM(1)

あっという間の退院~外来♪ 

相変わらず、日記の更新をサボっております・・・。

じゅんちゃん、心臓の手術で入院⇒手術してから、11日後に、スピード退院しました。

ICUに2日(手術日入れて3日)間お世話になった後、一般病棟に移って9日間。
その間も、術後5日目には点滴もすべて外れ、身軽なカラダになって、あとは、
じゅんちゃんの自力での回復を待つのみ・・・となりました。


で、無事に退院した後も、自宅では水分制限900ccを守って、薬をしっかり飲んで・・・。

あとは普通の生活に戻れました。



術前と、何が変わったか・・・といえば、

★呼吸が安定したよう。 以前は時々、「ふぅ~」とため息のような呼吸をすることが
 ありましたが、それが全くなくなりました。
★ミルクを飲むとき(未だに哺乳瓶ですが)、術前は途中で休みながら飲むことが
 多かったのが、今は200ccでも一気飲み。全く休まず飲めるように。
★術後すぐは、さすがに声が出ませんでしたが、退院後、家で過ごしているうちに
 声の大きさがどんどん強く大きくなっているのに気づきました。

いづれも、きっと心臓の孔が塞がって、心臓を含めた内臓の力が強くなってきている
んだろうな・・という気がします。


こんな風に、目に見える変化が分かるのは、「手術させてよかった」と思えることで
あらためて、執刀してくれた先生に感謝したいし、周りで支援してくれた先生方にも
看護師さんたちにも本当に感謝です。


「手術しなければ、20歳まで生きられる確率はかなり落ちます・・・・・」

と言われていたじゅんちゃん。


今日、退院後初めて、外来受診しました。

術後の経過は退院後も良く、肺に水が溜まることもなく、順調のようでした。

薬の量も若干ですが減らしてもらい、1日3回服用だったものが、ほとんど2回になり
ました。

飲み薬が減ってくれるのは、本当に嬉しいです。
シリンジ(スポイトみたいな)で飲ませても、100%飲めているか・・・と言えば、子ども
であればなかなか難しく、だから量も回数も減ってくれれば助かるわけで。


次回の外来受診は、11月中旬すぎ。


その頃までに、今度は離乳食もパクパク食べてくれるようになっていれば、最高なんだ
けどなぁ~~~(^^ゞ
[ 2008/10/29 23:13 ] ジュンのこと | TB(0) | CM(0)
Flashカレンダー
プロフィール

ジュンなママ

Author:ジュンなママ
一男一女のママ。
娘は21トリソミー(ダウン症)という
1000人に1人という貴重な体を
もって我が家にやってきました。

娘を中心とした生活。
でも、甘えん坊の兄貴もいる。
加えて、仕事命のパパもいる。

そんな家族みんなと一緒に、
人生何が起こるか分からない
一喜一憂を楽しみながら、
お気楽な生活をおくるママです♪

娘の成長を見守るべく、ただいま
「ダウン症」について勉強中!

21トリソミー広報部
miniロゴ マーク                21トリソミー広報部  51号        どんのじゅんちゃん                「バリアフリーは 『知ること』 から!」 ダウン症や障害について、たくさんの人々に知ってもらいたいために、みんなで「やれることから」活動していく集まりです。
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2ブログランキング
リンク